Top > 現金化 > 安全性を重視してクレジットカード現金化の内容を考える

安全性を重視してクレジットカード現金化の内容を考える

クレジットカードの現金化を行う場合、安全性の高さに配慮する必要があります。

業者指定の品物を購入し、これを買い取って貰った上でのキャッシュバックという形で現金を受け取る訳ですが、お金の流れが複数に跨るのでトラブルの可能性が否定出来ません。

特に悪徳な事業者において、キャッシュバックが支払われない・渋るといったケースは少なく無いのです。

そこで信頼のおける業者選びが必要となりますが、その為の材料としては主に2つの要素が考えられます。

まず1つは、購入を指定される商品の内容です。

業者によっては金額に見合わない商品の購入を指定する場合がありますが、こうしたケースはやや危険と言えます。

逆に交通機関の回数券や、広く一般化している金券・商品券の場合は安全性が高いと言えます。

もともと換金性が高いので適切な買取価格が明確であり、キャッシュバックに不安があるようなら街の金券ショップに持ち込むという次善策を取る事も可能だからです。

もう1つは、口コミや評判に関する事前の下調べです。

キャッシュバックがしっかり行われている・還元率が一定の範囲で安定しているという点を確認出来れば、安全性は比較的高いと考える事が出来ます。

またこれらとは別に、最近主流のWeb経由の申し込み方法を敢えて避け、店舗での対面型サービスを利用するのも効果的な方法となります。

店舗に出向く手間は増えますが、顔が見えて業者の所在地が明確である事から、明瞭な運営と現金化を行っている可能性は高いと言えます。

オススメの業者がありますので是非参考にしてみてください:ネオギフト評判

現金化

関連エントリー
安全性を重視してクレジットカード現金化の内容を考える